2013-08-19から1日間の記事一覧

「クララ白書」寄宿破りの倫理

氷室冴子先生は、「ざ・ちぇんじ!」愛蔵版あとがきで、文庫が出版された当時「帝が最後までだまされたままでかわいそう」という読者の意見が多かったことを紹介し、読者って倫理的だという感想を述べている。 「クララ白書」シリーズを最初に読んだとき、倫…