読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野枝の大学生彼氏説

 北里は野枝のことを、「・・・大学生あたりとつき合っているのではないか・・・/あのふてぶてしいほどの、槇修子にもないヘンな自信やおちつきは、すでにもう、バージンではないのではないか・・・」と思っている。
 北里の想像の真偽は、「北里マドンナ」の最後まで読んでも明かされないので、いっそう気になる。麻生野枝編で彼氏が登場する予定だったのかもしれない。
 一方で、北里の妄想説も私は捨てきれない。なぜなら、年上の異性と交際して自信をもつ構図は、柏原夫人について「ここでやっとけば、確実に、その点だけは、なぎさに勝てるだろうと思ったんだ」と語る北里の裏返しだからだ。
 もう一人、(性関係はないかもしれないが)年上の異性とつきあってグループから自立するのが三四郎だ。
 槇に「森くんたちって、ほんとに原田さんの親衛隊みたいね」と喝破された五人グループ。男子は三人とも多恵子が好きで、野枝も多恵子に執着している。
 この関係から距離をおき、多恵子から卒業するためには、年上の相手が必要だと、北里は無意識に感じているのかもしれない。